ビジネス

ステッカープリントに適切な用紙を選択する

ステッカーが現在で最も売れているデジタル製品だということを知っていますか?安価なのに、ビジネス、プロジェクト、政治活動などどんなことを宣伝するにも役立ちます。ステッカープリントは大小関わらずビジネス、組織、政党、学校など、様々なところで高い要望がある重要なサービスなのです。 

もしどのような目的でもステッカープリントにご興味がおありでしたら、プリントサービスに提出するステッカーデザインを少なくとも持っている必要があります。そこでは、どんな用紙でステッカーを作りたいか質問されると思います。でも詳しく知らなければどれを選んでいいのか全くわかりませんよね。 

こちらの記事では、どの用紙がステッカーの目的やデザインにピッタリはまるのか、代用的なものをいくつかご紹介したいと思います。 

1.上質紙 

最も基本的な用紙ですが、残念ながら高品質の印刷には対応しています。上質紙で作られたステッカーは丈夫さに欠け、見た目もよくありません。商用利用ではなく個人利用で制作することをお勧めします。ステッカーでなにかのプロモーションをしたいなら、他の高品質印刷に対応していて見た目が良くなる選択肢にする方が良いでしょう。 

2.クラフト紙 

クラフト紙はクオリティや質感という点ではほとんど上質紙と同じです。大きな違いは色で、クラフト紙は茶色です。一般的な印刷機でも対応している用紙なので、同様に品質の低い仕上がりとなります。 

3.クローム紙 

クローム紙から作られたステッカーは光沢をもちます。簡単に説明すると、雑誌に使われるような紙です。この紙に印刷するにはアートペーパーインクが必要となるので、一般的な印刷機では印刷することができません。上質紙やクラフト紙に比べて品質が高く、もちろん、高い耐水性をもつ選択肢の一つです。 

4.ビニール紙 

こちらは丈夫で安価という、最もステッカーに適した素材の一つです。ビニール素材は丈夫で、破れにくいという特徴もあります。これに印刷するにはレーザープリンターとアートペーパーインクが必要です。耐久性があるため劣化しにくく、更に丈夫にするためのコーティングと言った仕上げを行うこともできます。 

5.透明紙 

こちらは紙というよりもプラスチックに近いような素材です。ステッカーにも使えますが、一般的にはアクリルキーホルダーの印刷に使われます。レーザープリントが必要な素材です。 

どれがいいかわからないということであれば、ステッカープリントのお店に相談してみましょう。通常であれば、ニーズにあったすってっかーを作るのに何がベストか、親身になってアイデアを出してもらえます。詳細についてはここをクリックしてください、https://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/。 

Related posts
ビジネス

オンラインショップ運営の習慣構築

アジアビジネス

名刺印刷をする前に確認しておくべきポイント

ビジネス

仕事にゴム印を使うべき4つの理由

ビジネス

知られていないオフィススタンプの利点

Sign up for our Newsletter and
stay informed