ビジネス

仕事にゴム印を使うべき4つの理由

ゴム印はオフィス回りでよく使われる重要なツールですが、そうであっても、フォーマルな場面だけで利用するとは限りません。オフィスで使う際の利点について学んでいきましょう。

1.ドキュメントの承認

これが最もよく知られたゴム印を使う目的の一つです。ゴム印には会社ロゴがデザインされていることが多く、発行する前のフォーマルなドキュメントへ会社ロゴの印影や印象を残すのに使われます。このような文書は顧客だけでなく、協力会社や取引先にも送られるものです。押印をする目的は、本物であると証明することや会社が仕事をする上で適切性を高めることとなります。会社の判と共に社の代表のサインがあることで、適切であるだけでなく、プロフェッショナルに処理をしているように見えます。重要な取引先、クライアント、お客様の前で信頼があるように見せるのは必要なことです。

2.会社の決定を伝える

会社として同意や承認を行う場合、その決定は会社ロゴの印が必要になります。昔ながらのゴム印でもセルフインクスタンプでも、また浸透印であっても、問題ありません。重要なことは、面談や交渉を経て、会社を代表した決定であるというサインが存在するということです。会社のゴム印を押すことで、最終的な評決を公式なもとします。

3.ドキュメントの整理

フォーマルな目的以外では、ゴム印はドキュメントの整理にも役に立ちます。しなければいけないことを思い出したり、他の人が文書について聞かなくても一目でわかるよう、「承認」「否認」「FAX済」「郵送済」やよく使う文言など、特定の言葉を残すことができます。

4.スマートに働く

ゴム印を使うと、完了にかかる時間や労力を節約できるのでもっと簡単に素早く仕事を行うことができます。特に、ドキュメントへのサインといった何度も同じ作業が必要とされる面倒な仕事に最適です。サインをスタンプに置き換えることで、簡単にできるようになります。これでいつでもきれいに少ない時間で、より多くの文書にサインを行えます。

悩む必要はありません。ゴム印は仕事をする上で非常に便利なツールであり、製作にも高額な予算を割く必要はありません。近頃では、出来上がったものを配送してくれるオンラインのサービスもあります。 Kiasu Print Pte Ltdのオンラインショップをご覧ください。

Related posts
ビジネス

オンラインショップ運営の習慣構築

アジアビジネス

名刺印刷をする前に確認しておくべきポイント

ビジネス

知られていないオフィススタンプの利点

アジアビジネス

シンガポールでの企業登記で最先端のインパクトをつかみ取る

Sign up for our Newsletter and
stay informed