アジアビジネス

名刺印刷をする前に確認しておくべきポイント

自分で印刷を行うよりも、経験やノウハウのあるプロの業者に頼んだ方が、ハイクオリティーに仕上がりことは一目瞭然です。その上業者に依頼したほうが、短時間で大量に印刷が可能な上、自分で作るよりも安い値段で作ることができます。

印刷過程はプロの業者さんに頼めば良いので比較的とても楽ですが、名刺の印刷をする前に、名刺に使用するデザインは適切か考慮し、確認する必要があります。

1. テキストとグラフィック

テキストとグラフィックの見た目のバランスを良くするには、カットラインに注意を払う必要があります。テキストとアートワークがデザインの端から少なくとも1/8インチ離れた位置に配置されている場合は、名刺のデザインが優れていることを意味します。これにより、裁断中にコンテンツが誤ってカットされることを防ぐ事が可能になります。

2. 塗りたしエリア

塗りたしエリアとは、裁断する際に裁ち落とされる領域のことを示します。裁断がしやすいように、断裁ズレを想定し、名刺の端に十分なスペースを空けておくようにしましょう。名刺印刷をする前に、デザインをPDFに変換し、ファイルを別のコンピュータで開いたときに変更が無いかを確認しておくと良いでしょう。塗りたしをする前にプロの業者に相談し、プロセスを理解した上で作業を行うようにしましょう。

3. バックグラウンドとボーダー

後で印刷されたときに、デザインを台無しにする明確な/空白の部分がないように、デザイン過程の際、バックグラウンドとボーダーが指定された領域を越えることを確認しましょう。

4. 解像度

使用する画像に解像度が十分にあり、クオリティーが高く精細のあることを確認した上で名刺製作に取りかかりましょう。画像解像度が高いと見なされる画像またはイメージは、解像度が 約300 dpiからそれ以上あります。解像度のある画像・イメージを使用することで、印刷した際に紙の上で綺麗で鮮明な写真が再現されるようになります。画像の解像度を確認する際は、600%にズームインをし、品質の善し悪しを確かめるようにしましょう。詳細についてはここをクリックしてください www.kiasuprint.com/businesscards-namecards-printing/products/

5. 配色のコンビネーション

主に印刷物などに使う発色方式で、「色料の三原色」といわれるCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)の3色に黒(K)を足したCMYKというものがあります。反対に、RGBという発色方式は、テレビやパソコンのディスプレイといった画面上で使用される為、印刷物にはあまり向いていません。 印刷の際、イメージ通りの色を再現したいのであれば、RGB でなく、CMYKでデータを作成するのが良いでしょう。

Related posts
ビジネス

ステッカープリントに適切な用紙を選択する

ビジネス

オンラインショップ運営の習慣構築

ビジネス

仕事にゴム印を使うべき4つの理由

ビジネス

知られていないオフィススタンプの利点

Sign up for our Newsletter and
stay informed